保護者の声

K様
娘がファッションに興味を持ち、ファッションの勉強をしたいと聞いた時、ファッションの勉強をするのであれば東京でするべきだと思いました。
なぜなら、東京では世界中のファッションに接することができ、若くてまだ頭が柔らかいうちに、そのような刺激を受けることは、とても大切な事だと思ったからです。
また、東京にある様々な学校の中でも、娘には江東服飾高等専修学校を薦めました。
この学校では徹底的にパターンの基礎を学んだうえで、自らデザインしたオリジナルの服を作ります。これを可能にしているのが、少人数制のクラスできめ細かな指導であり、その点に最大の魅力を感じました。
現在、目的に向かって楽しみながら頑張ってファッションの勉強をしている娘の姿を見て、私達の選択は間違っていなかったと確信しています。

H様
中学から一貫校に通っていた娘は、自分のやりたいことの為に進学願いは出さず、一年生から実技満載で、しっかりとしたパターンの勉強や流通、化粧品の勉強までできる専門性の高い江東服飾高等専修学校に入学しました。入学後は三年間休まず登校し貪欲に学び、縫製技術の習得は勿論のこと、様々なコンテストに応募したり、校外でのファッションショーに出て、大きく成長したと思います。三年生になると、もう少し幅を広げたいと美大受験を希望し、現在は空間演出デザイン学科に進み、ファッションを含め幅広い創作課題に追われています。また、大学の春休みを利用して海外の大学のショートプログラムに参加、ファッションを含めた様々なアート文化に触れ、より世界が広がったことと思います。この先、どんな仕事があるのか、どんな世界があるのか未知ですが、ハラハラしつつも楽しみに見守りたいと思います。
江東服飾高等専修学校での三年間は、娘が最大に成長した時期であると共に、親にとっても沢山の発見と感動を伴う貴重な学びの日々でした。

T様
小学生の頃から『大きくなったらファッションデザイナーになりたい』と言っていた娘から、こちらの学校の名前を聞いたのは、中学1年生の時でした。ファッション関連の本で知ったようでしたが、私は江東服飾高等専修学校のホームページを見て『高校からファッションのプロになる』という言葉にとても魅力を感じたことを覚えています。
高校から専門的に学べる学校の存在を知り、すぐにオープンキャンパスに申し込みました。兄と姉は、高校は当たり前のように普通科に進学していたので、このような選択肢があることに改めて気づかされました。そして、高校に入学してから考えていくような将来の事を、中学1年の娘が真剣に考えていることにとても驚き、感心し、夢を叶えるために協力していきたいと思いました。
さて、入学してからは好きなことを学んでいく楽しさを感じながら、卒業するまでにファッション画のコンテストで受賞するという目標ができました。そして日々の学習成果が実り高校3年生で念願のファッション画コンテストで受賞する事ができました。
このような経験をしたことで、目標を達成することができた過程をよく考えて、自信を持って夢に向かって突き進んで行ってほしいと考えます。これからの厳しい道のりを、自分で限界を決めずに、楽しんで、色々なことにチャレンジしてほしいと思います。将来の夢への道筋をつけてくださった先生方には、心より感謝致します。有り難うございます。

卒業生インタビュー

保存