卒業生の声

卒業生 戸谷 美潮

入学当時は、私生活で着られる服を作りたいと思っていました。
授業で初めてデザイン画を描き自分の寸法でパターンを引き、縫製し自分の服を作り、色々なコレクションを見て勉強していくにつれ、既製服よりオートクチュールが面白いと思うようになりました。

行事の中でもハロウィーン祭では実行委員を経験し衣装も製作しました。
高校生活最後のファッションショーも皆で悩んで何度もデザインを話し合い、変更を繰り返し、こだわり3年間の集大成として1番良いショーでした。

また、友人達とも沖縄旅行に行ったり沢山の思い出や強い絆ができました。
そして沢山の知識や技術を持った先生方に出会い、学んだ事を活かし、将来ファッションに携わる仕事に繋げて行きたいと思います。

保存